薬剤師の仕事を選んだことについて

私は幼い頃から医師として活躍していた父の背中を見て育ったので将来は私も医師になるのだと当たり前のように考えていたのですが、医学部試験は難しいので私の学力では難しいと考えました。そこで将来どのような職業に就くのが良いか色々と考えたのですが、どうしても医療関係の仕事がしたいと思い薬剤師になることにしました。ただ薬剤師も薬学部に合格しなければならなかったのでけっこう大変だったのですが、浪人して何とか薬学部に合格することができました。これで安泰だと思っていたのですがそんなに甘いものではなく講義に付いて行かなければならなかったのでかなり大変だったのですが、必死に勉強して何とか学校の勉強に付いて行くことができました。しかし大学を卒業すればそれで全て上手く行くと言うことではなく薬剤師の国家試験に受からなければならなかったので本当に辛かったのですが、こちらの方もどうにか合格することが出来たので本当に良かったです。そして就職先も無事決まりこれから薬剤師として働くことになったのですが、医療関係に従事する者として少しでも患者さんの役に立てれば良いと考えています。